ホーム>春野の観光スポット>日本一の大天狗面
春野の観光スポット

日本一の大天狗面

日本一の大天狗面

日本一の大天狗面
日本一の大天狗面
ポイント
車コース
トイレあり
 

天狗の里はるののシンボル。縦8m、横6m、鼻の長さ4m。

浜松市天竜区の春野町には古来から天狗にまつわる伝説が伝えられている。この 大天狗の面は舘8メートル、横6メートル、鼻の長さが4メートルとかなり巨大なもので、これは1985年に神戸市で開催された「全国都市緑化フェア・コウ ベグリーンエキスポ85」に出展されたもの。天狗にゆかりのある町ということで春野町が譲り受けた。現在の所在地は、旧周智郡宮川尋常小学校の跡地であり、周囲には春野町山村開発センター、天狗の横に物産店、当地出身の演出家・白井鐵造記念館や森林文化伝承館もある。

 

国道362号沿い春野文化センター設置。