ホーム>春野の歴史散歩

春野の歴史散歩

瑞雲院

秋葉山瑞雲院

秋葉山瑞雲院

瑞雲院は曹洞宗北遠三寺(森町飯田崇信寺、森町橘谷山大洞院)
の一つで名刹。

瑞雲院の寺紋は徳川本家と同じ「三つ葉葵」です。
犬居城主天野家の菩提寺。僧行基が奈良時代養老年間に、現在の犬居小学校の近くの会下山に草庵を構えたのが始まりと云われている。江戸時代の初期には三八ヶ寺もの末寺を有していた。

秋葉神社【標高885m】

秋葉神社【標高885m】

ポイント
車コース
トイレあり

『火伏せの神』として全国的に有名な秋葉山には秋葉神社があり
全国から多くの信者が参拝に訪れます。

秋葉神社は山頂にある上社と山里にある下社からなる。

山里よりのウォーキングコース、また秋葉山頂より龍頭山、山住神社へかけての
スーパー林道は自然を満悦するドライブコースとしても人気があります。

勝坂神楽の里

勝坂神楽の里

ポイント
車コース

子授け・子育ての神、八幡神社と清水神社が祭られ毎年10月女装して舞う伝統芸能は多くの人で賑わう。

春埜山・大光寺【標高883m】

春埜山・大光寺【標高883m】

春埜山・大光寺【標高883m】
春埜山・大光寺【標高883m】
ポイント
車コース
トイレあり

春野町東南部、森町との境にあり。
山頂には『お犬様』と親しまれる大光寺がある霊山。

境内に目通り14m、高さ43m、枝張り31m、樹齢1300年の杉の巨木
(県指定天然記念物)が静寂とともに深山渓谷の気配を感じさせます。

祭典は4月上旬。

新宮池・新宮神社

新宮池・新宮神社

ポイント
車コース
トイレあり

標高500mの山頂にある周囲600mの自然に囲まれた神秘的な池。

和泉平集落の守り本尊として新宮神社があり、毎年7月25日前後の
土日に花火を打ち上げ、船を浮かべての祭典は珍しい。

白井鐵鐵造記念館

白井鐵鐵造記念館

白井鐵鐵造記念館01

春野町出身の白井鐵造氏は、レビューの王様として知られる宝塚歌劇団の
演出家です。
また、日本最初の本格的レビューとして知られる「パリゼット」の主題歌
である「すみれの花咲く頃」の作詞家としても有名です。
白井鐵造記念館では、白井鐵造氏のご愛用品や宝塚関係資料など
約600点を展示しています。

開館時間

午前9時~午後5時

休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、
祝日の翌日、年末年始

駐車場

約60台

白井鐵鐵造記念館02
白井鐵鐵造記念館03

犬居城

犬居城

犬居城01

天野一族の居城跡。犬居城へ登ってみよう。
東側登山口(犬居側)より30分。

展望台より眼下に見下ろす風景は犬居集落・気田川・春野高校・ふれあい公園等が箱庭の如く見え絶景。

登山道も東海道自然歩道のため整備されている。先人達の生きた道、ロマンを感じます。中世の歴史を学びながらの山城散策はいかが。
頂上の展望からの眺めの壮快感は登山道の疲れを癒します。 

犬居城
犬居城

犬居城 天野家

戦国時代犬居城主として北遠に君臨した。
天野氏は鎌倉時代、伊豆の国市天野郷の出身であり、最初入江氏を名のっていたが、姓を土地名に変え天野氏を名乗る。
数代後、犬居の地頭として赴任、八代に亘る。
最後の城主天野宮内右衛門景貫は戦国時代駿河の今川義元に仕え、永禄3年(1560年)今川が桶狭間で織田信長に討たれた後、
武田方についたが徳川家康に滅ぼされ甲斐の国(山梨)へ逃げる。
のち小田原の北条氏を頼るが北条氏も秀吉に(1590年)滅ぼされたためその後は不明。 

徳川家康との戦い

第1回 天正2年(1574年7月4月)徳川軍は森町から静修を経て瑞雲坂を下り瑞雲寺に御旗を立てる。
領家、和田之谷、堀之内に陣取る。気田川の増水と食料不足のため退却。
第2回 天正4年(1576年7月)森町より樽山城(田河内)を攻略、勝坂砦、塩見坂、石ケ嶺へ天野氏は敗北、甲斐へ逃げる。